学校の教師とは

学校の教師とは、教員試験に合格した者に与えられる資格を用して、学校で指導、教育している人のこと。

学校の教師はほとんどが先生と呼ばれている。
教師は生徒の発達において、教育、安全管理、健康面の管理、生徒の保護など様々な業務を行う。

高等教員免許の種類は専修免許状と一種免許状がある。
専修免許状は、修士の学位を有したものが取れる資格である。
一種免許状は学士の学位を有したものの資格である。

免許状を取得する方法としては、基本的に大学を出る必要がある。
大学にて、教職課程を学び必要な単位を取得して卒業すれば、資格の受験資格が得られる。

学校への初任者の教師については、一般的に学級担任や学級副担任などを任されることが多い。
東京の小学校の教師の年間採用人数は、約1000人である。 1000人のうち約1%は教師に不適格という診断が下される。

教師は昔は絶対安定の職種ではあったが、現在ではそうはいかなくなった。 近代では教師は厳しい職種と思われるようになった。
モンスターペアレントと呼ばれる親が現れたことや、それに伴い労働環境の悪化が理由として挙げられる。 肉体的にも、精神的にも疲れる仕事である。 給与形態もあまり良くなく、年功序列がしかれているため、給与の伸びがなかなか期待できない。