家庭教師とは

家庭教師とは主に小学生、中学生、高校生を対象とし、家庭で勉強を教える教師である。

家庭教師は教師ではあるが、資格は必要ない。 塾と同様に、学校の授業の不足分を補ったり、受験勉強の指導をするのが家庭教師である。
大学生がアルバイトとして家庭教師をやることが多い。 資格が要らないために誰でも、それなりの知識があれば家庭教師になれるのだ。
家庭教師を職にしているプロの家庭教師も存在する。

家庭教師の仕組みとしては、家庭教師を派遣するスタイルが主流である。 大学生などが家庭教師派遣会社に登録し、家庭教師の依頼が来たら直接派遣されるといった仕組みだ。
家庭教師利用者は、会社に直接依頼し、サービスを受ける。

家庭教師業界は300~400億円に対し、学習塾業界は1兆円規模である。
家庭教師業界にはあまりニーズが無いとも言える。
家庭教師を利用する人はだいたい、受験勉強のために利用するケースが多い。 学習塾が集団指導なのに対して、家庭教師は個人指導であることから、ほんとに勉強させたい場合に利用する。

家庭教師は家庭に出向くので、家を出る必要が無いし、家で勉強するので親としても安心である。 家庭教師が学習サービスに占める割合は、ほんの数%程度しかないのだ。