教師とは

教師とは学校などの教育施設で何かを教育する役職である。 教師は教育関係者の総称でもある。

宗教団体でも、一般信者に対して指導する立場の人を教師と呼ぶ。
教師は、教育することを目的にしている。 教育を行うということは、その分野について、十分な知識、技術、経験を持っていなければならない。

教師を先生と呼ぶこともある。
先生という呼び名は、教える人の総称で、学ぶ人が、教育してくれる方を先生と呼ぶ。 学ぶ人が、何かを教えてくれる人に尊敬の意をこめた呼び方である。
教師以外に先生という言葉を使うのに批判的な意見もある。 一般的に先生と呼ばれる職種は3つで、教師、弁護士、医師である。

教師は教える人のことを指し、一般的に教師といえば先生と呼ばれる。

教師に似た言葉では、教員、教授、教諭がある。

教員は、教育を担当する人のことを総称して教員と呼び、学校の教員など主に授業を行う人のことを指す。
教授は大学、高校において学生を教授しながら、自分自身の研究にも従事する人のことを指す。
教授は特に優れた知識、能力、実績を有する者とされている。 教諭は、就学前、初等、中等教育に関わる教育、保育をする人のことを指す。

教育に携わらない人のことを、教師と呼ぶことはない。