予備校とは

予備校とは、各種試験に対する勉強をする場所で、前もって各種試験の知識、情報を提供する施設である。 試験後に必要な知識や情報も同時に教えてくれる。

予備校が対応している試験は、学校への入学試験、司法試験、公務員試験などが一般的である。
様々な資格にも対応している。

予備校の主な利用理由は、学校への入学試験のためである。 自動車学校も、あまり認知はされていないが、予備校の一つである。
進学予備校と呼ばれる、大学に進学するための予備校が、予備校の主要学校である。 大学受験のために、通うのが今では主流。 以前までは、大学受験に不合格になった人が、通うのが予備校であった。

大手の予備校は学習塾と同様に、生徒数が多く、学力などのデータを比較、検証している。 模試を行うのが現在の予備校では当たり前になっている。 最近では大手の予備校がたくさん出てきている。
有名どこでは、代々木ゼミナール、東進ハイスクール、早稲田アカデミー、駿台予備校、河合塾などがある。

予備校に行くのではなく、通信教育で予備校並みの内容で勉強させるところもある。 予備校も様々なスタイルで授業を行っている。
ある予備校では映像で講師の授業風景を流し、映像で勉強する予備校もある。