塾講師とは

塾とは主に、小中学校の放課後に学校では補いきれないものを、勉強するところである。
塾の正式な呼び方は学習塾である。 一般的には学習塾と呼ばれることはなく、ただ単に塾と呼ぶことがほとんどである。
受験対策を行う塾を進学塾という場合もある。

塾へは、親に強制的に行かされている子供がほとんどである。 学歴社会でないといえどもやはり学歴である程度は見られるし、学歴があるに越したことはないという考え方。

学習塾で教える教師を、塾講師と呼ぶ。
塾講師も特に必要な資格はなく、アルバイトでも塾講師の仕事はできる。 塾は企業が経営しているものがほとんどなので、企業に就職した正社員が講師として働く。 企業なので研修や、勉強会は日々開かれており、知識はアルバイトの人に比べれば多い。

学習塾では様々な教科の教育を行っている。
自分が受けたい講師の授業を受けることができるのが、学校と大きく違うところだ。 学校では学べないようなことも学べる。

学習塾の人数はそれぞれ異なるが、基本的には少人数制のクラスで受ける集団授業である。 個人指導や、10人以上の集団授業、自習形式の学習塾など様々である。

近年では少子化が叫ばれているが塾の利用者は低年齢化、塾に対する出費が大きくなり市場は拡大傾向にある。