カウンセリングをするのに向いている人

人の悩みや相談を聞き、心の治療をする行為はカウンセリングと言い、それをする人をカウンセラーと言います。最近では、精神科や心療内科だけが行うのではなく、カウンセリングを一時間数千円のサービスにしている企業もあります。しかし、どんな人がカウンセラーに向いているのでしょうか。説明していきます。まず、人の話を途中で中断せず、最後まできちんと聞いてあげられる人です。次に、表情が冷たくなく、暖かい人です。この人に相談してみたいな、この人になら話してもいいかなと思えるような人がいいです。あと、これは私なりの意見ですが、カウンセラーは服装も化粧も清楚な人がいいように感じます。あまり派手でけばけばしい人だと引いてしまいます。そして、重要なことですが、心理学のきちんとした知識のある人に、カウンセリングをして欲しいです。

カウンセリングで心が軽くなりました

1年ほど前から徐々に母親の介護をする様になり、始めは今ほど母も寝たきりではなく車椅子で外に出かける事もあったのですがここ半年くらいはほぼ寝たきりで、自分で起き上がることも出来なくなってしまいました。介護をするまでは本屋さんで働いていて、好きな本に囲まれて楽しい日々を送っていたのですが、今では仕事も辞めて本を読む事もやめてしまいました。そんなある日の事、友人と久しぶりに会う約束をしてお茶をしに行くと、友人が私の愚痴を聞き、私の様子を見てカウンセリングに行くようにアドバイスをくれました。その友人は会社勤めをしていたのですが人間関係の問題で退職し、カウンセリングに通って心の健康を取り戻しました。経験者が言うんだからと、同じ人のところへ行きました。そうすると涙が次から次へと出て、自分で抱え込んでいる事が心に大きな負担をかけている事を自覚する事が出来ました。それからは、デイサービスを利用する等して、自分の時間を持つように心がけています。今は、ほどよく介護を頑張っています。

カウンセリングで子供が登校できる様になりました

子供が友達と喧嘩をした事をきっかけに、学校へ行くことを渋るようになり私は無理矢理学校へ行かせていました。しかし、学校へ行くたびにお腹が痛くなり早退する様になってしまいました。担任の先生に相談し、スクールカウンセラーが居るので話をしてみてはどうかと提案されました。カウンセリングなんて受けたことがなかったので、話をしたところで解決には繋がらないだろうと思いながらも相談してみる事にしました。その結果、子供のことは焦らずに様子を見ながら少しずつ学校に行けるように見守る事になり、私自身が子供を追い込んでしまっていたこともわかりました。半信半疑のまま相談に行ってしまった事をとても後悔しました。これからは、子供の事で何かあった場合は一人で抱えずに、焦らずに相談する事にしました。その後も担任の先生へ学校での様子を聞いたりしながら相談に行ったりしています。早退も減ったので、焦らずに見守っていこうと思います。

主力商品・サービスは、臨床心理士によるカウンセリングで、個人カウンセリングの他、日本ではまだ数少ないカップルカウンセリングも行っています。 こちらでは、電話やネットでのお悩み、ご相談のお問い合わせにも対応しておりますので、全国各地域、気軽にご相談いただけます。 渋谷駅から徒歩約5分。アクセスもしやすい環境。 カウンセリングについてのご相談は「@はあと・くりにっく」へ

Comments are closed.